ホーム > 院長紹介

院長紹介

院長あいさつ

スタッフ紹介

新宿の高層ビル街からほど近い東中野の地に建つ、まるもと鍼灸整骨院です。

お子様からお年寄りまで、近くにお住まいの地域の皆様、怪我やスポーツ障害で苦しむアスリート、交通事故に遭われた被害者の方など、治療を求めるすべての方々のお力になりたいと、私どもは強く願っております。

当院では、手技による施術と電気や超音波による物理療法を合わせた治療を進めておりますが、ご希望により鍼や灸、そしてマッサージなどの治療にも対応しております。皆さまのご要望には最大限お応えいたしますので、どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。

まるもと鍼灸整骨院 院長 丸本 昌平

開業までのあゆみ

開業までのあゆみ

わたしは、子どものころから身体を動かすのが大好きでした。

小学校低学年の頃には、ビニールバットで野球をして近所を走り回り、成長して高学年になると、親のすすめでサッカースクールに通い始め、本格的にスポーツに取り組むようになりました。

その後、自主的に始めたのが、中学・高校と部活動を続け現在もクラブチームに所属しているバレーボールです。練習中には肩や腰を痛めることもあり、当時、わたしもよく整骨院に通っていました。

長年、運動をすることが身近だったこともあり、高校卒業後の進路として第一に考えたのは、大好きなスポーツに関わる仕事に就くことでした。そこで、学生時代に自分もお世話になった、整骨院の開業を目指そうと決めたのです。

高校卒業後は、3年間柔道整復師育成の専門学校に通うかたわら、実際に整骨院でも働き、理論と実技を学びました。柔道整復師の国家資格を取得した後には、鍼灸の国家資格も得て約10年の研修を積み、2002年に念願が叶って地元の東中野で開業いたしました。

当院の特徴と強み

当院の特徴
当院の特徴


他の院では治療スタッフが複数いる場合が多いのですが、当院は私ひとりが全ての患者様を担当しているため、当日突然「担当が替わります」ということがありません。
また、当院には私も通っている格闘技ジムの方々がよくいらっしゃるため、格闘技による負傷への対応には特に精通しています。


さらに、当院は災害時協力接骨院でもあり、災害時には地域の皆さんのお役に立てるよう、普段から中野区の防災訓練に参加しているほか、院長は機能訓練指導員でもあるので、年配の方の転倒予防講座など介護予防への取り組みも行っております。

こんなときは、ご相談ください
こんなときは、ご相談ください


痛みが出てからではなく、頑張りすぎて「そろそろ痛みが出そう」といったときには、是非ご相談ください。できる限り良い状態を長く保つにはどうしたら良いか、怪我の予防のためにも事前にご自身の体の状態を把握することはとても大切です。

また、治療のほか、運動に関する指導を求められることもあります。
例えば「もっと速く走るには、どうしたらいいですか?」といったご相談です。これまでの様々な経験を活かし、患者様の体の特性を見極めた上で、できる限りアドバイスをさせていただいております。

こんな院を目指しています
こんな院を目指しています


当院は、インフォームド・コンセント(説明と同意)に力を入れています。

施術にあたる前に患者様に負傷部の状態、予後などをしっかり説明し、どのような治療が適しているかを提案させて頂きます。そして患者様が納得した上で施術を行います。

また、解剖図やデータを印刷して待合時間の間に読んでいただいたり、問診のときに利用したりもします。症状をしっかり理解できていれば、患部に負担をかけずに済み、患者様ご自身で再発を防ぐこともできるのです。

つらい痛みで駆け込んでこられた方が、治療後には笑って帰られる。そんな院を目指しています。

院長経歴

丸本 昌平(まるもと しょうへい)
丸本 昌平(まるもと しょうへい)

1972年(昭和47年)11月4日生まれ
柔道整復師(登録番号:第34445号)
鍼灸師(登録番号:第120205号[鍼]、登録番号:第120122号[灸])

公益社団法人東京都柔道接骨師会会員/機能訓練指導員
中野区立東中野小学校・中野区立第三中学校・都立井草高等学校卒業
日体柔整専門学校・日本鍼灸理療専門学校卒業
趣味:バレーボール、ブラジリアン柔術

スタッフ

こんな院を目指しています


女性スタッフが受付におりますので、腰が痛くて屈んでスリッパを取るのが大変な方などお手伝いいたします。

いつでもお気軽にお声掛け下さい。

まるもと鍼灸整骨院
アクセス


〒164-0003
東京都中野区東中野1-32-3
ドエル東中野1階

月~金 
8:30~12:30
15:00~20:00
土曜   
8:30~12:30
14:00~16:00

詳しくはこちら