ホーム > 交通事故メニュー

交通事故メニュー

交通事故メニュー

万一事故に遭ってしまったら

万一事故に遭ってしまったら

自動車にはねられたり、自転車と歩行者が衝突したり、または事故の巻き添えに遭ってしまったり。交通事故による突発的な怪我は、いつ何時起こるかわかりません。

万が一被害に遭われてしまった場合、身体や精神にダメージを抱える中、警察への連絡や自身の治療のほか、保険会社への連絡、加害者への賠償請求、後遺症認定、マイカーの修理や廃車手続きといった作業を素早く行わなければなりません。

それらの問題は、放置しておくと、被害の証拠がなくなるなど、後で適切な対応を受けられなくなる可能性が高まります。

たいていの方は、事故に遭われるのは初めてです。そのため、どのような対応が必要かよくわからないという場合がほとんどです。当院を受診された患者様には、その後の保険会社との手続きついても対応させていただきますのでご相談ください。

必要な時は提携司法書士事務所・弁護士事務所の紹介もさせていただきます。

通常の治療との違い

通常の治療との違いは、窓口での支払い負担がないということです。

治療そのものは通常の診察のそれと同じです。予診表を書いていただき、問診させていただいた後で治療を行い、その後はしっかり現在の状態とその後の治療計画を説明させていただきます。

交通事故が原因で起こる症状

交通事故が原因で起こる症状

交通事故が原因で起こる典型的な症状に、むち打ち症(外傷性頸部症候群)があります。

首の痛み以外にも、手のしびれや痛み、また麻痺が出ることもあります。襟足から後頭部に神経が走っていることから、後頭部への頭痛、めまい、吐き気といった症状を訴える患者様もいらっしゃいます。

中枢神経への刺激のために症状が出ている場合もありますので、そのような症状が発症している場合はできるだけ早く提携病院で検査を受けていただくようアドバイスをしています。その後は、患部の安静に努め、できるだけ早い回復を目指します。痛めている箇所を強く刺激すると逆に悪くなることもありますので、まずはソフトな施術を施します。

交通事故治療の流れ

1. 予約・ご来院
予約・ご来院

保険会社に電話で当院に通う旨をお伝え頂いたのち、当院までお電話頂くか、直接ご来院ください。
2. 問診票のご記入
 問診票のご記入

自賠責保険の手続きを円滑に行うため、以下のような情報を頂いております。

■交通事故の日時・状況
■医師の診断書
■加入されている保険
■保険会社の連絡先・担当者
■怪我の状況
3. 検査・触診
検査・触診

患部の状態を確認し、患者様に合わせてどのような治療が適切か治療プランを作成します。
4. 治療開始
治療開始
物理療法や徒手療法、鍼灸など、患部の様子を確認して様々な治療を組み合わせながら治療致します。
5. 治療終了
治療終了

症状が改善するまで治療致します。治療終了後に、通院期間、かかった費用などを保険会社にご連絡致します。
まるもと鍼灸整骨院
アクセス


〒164-0003
東京都中野区東中野1-32-3
ドエル東中野1階

月~金 
8:30~12:30
15:00~20:00
土曜   
8:30~12:30
14:00~16:00

詳しくはこちら