Q&Aブログ

2014年8月19日 火曜日

交通事故での診療時の窓口料金part2:第三者行為

昨日の続きです。
昨日のブログコチラ

以下の画像は患者様に毎月ご署名を頂く書類です。

各健康保険組合に月ごとに提出するいわゆるレセプト用紙。



この右上のところに負傷原因を記入(整骨院で)する欄があります。
なんと書いてあるでしょうか?

「負傷の原因・業務災害通勤災害又は第三者行為外の原因による」
と書いてあります。

つまり基本的に健康保険証を使っての整骨院での施術
・労災・通勤災害であるもの
・交通事故・あるいは喧嘩など「他人によって怪我させられたもの」
はできませんよということです。

pic20140820002516_1.jpg

ただし、労災はダメですが、交通事故・他人よって受けたけがの場合でも
「第三者行為による負傷届け」を保険組合に提出すれば、健康保険を使って治療が受けられるんです。

全額実費となったら、怪我はしてるし、窓口は全額実費!で払わなければならないし目も当てられませんが、今回のケースのように
・相手がもうわからない
・当て逃げ
などの時はとても助かる制度です。

皆様健康保険料を納付していて、また車を所有している方は自賠責保険に加入しているわけですから、せっかく使える制度は適切に使って怪我をしっかり治しましょう。

ということで、
「交通事故の時は大体自賠責保険を使うので一般的に言うと窓口負担は0円。」
「相手がわからない時などは健康保険を使っても治療が受けられますよ」
「そのときは第三者行為による負傷届けが必要」
というお話でした。
まるもと整骨院@東中野

記事URL

2014年8月18日 月曜日

交通事故での診療時の窓口料金part1:相手がいない

お盆明け、暑いですね。

水道橋まで保険の書類を出しに行ってきたのですが、
トロけました。

汗、塩分が出た分は高架下のお店でガッツリ補給してきましたので、午後の診療はまた頑張れそうです。

さて、タイトルの内容。
当院のHPにおいても、「交通事故の時は窓口での支払い負担がない」と記載しておりますが、少し言葉足らずなところがあります。

正確には「(ちゃんと手続き・届けをして)自賠責保険が使えるときには窓口での支払い負担がない
というのが正解だと思います。
(後日HPも直していきたいと思います)

というのも、少ないケースなのですが、
・海外でタクシーに乗った
・追突され負傷した
・車の凹みが少ないので、タクシーの運転手が相手を許し逃がしてしまった
・学生で勉学のための渡航だったので、カード会社や観光旅行で入れる保険加入がない
・帰国するもやっぱり痛い

こんな患者様がいらっしゃいました。
→相手がわからない
→自賠責保険も使えない

こういう時はどうしたものでしょう・・・
(正解)
加入している健康保険証を使えば良いのです。
そうすれば、整形外科・接骨院・整骨院のどこでも3割負担の窓口料金で治療が受けられます。

ただし、待ちで暴漢に襲われた時などもそうなのですが、「第3者行為による負傷届け」を健康保険組合に提出していただかなければなりません。
少々長くなりましたので、続きは明日ということで。


pic20140818150433_1.jpg

pic20140818150433_2.jpg

まるもと整骨院@東中野

記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
まるもと鍼灸整骨院
アクセス


〒164-0003
東京都中野区東中野1-32-3
ドエル東中野1階

月~金 
8:30~12:30
15:00~20:00
土曜   
8:30~12:30
14:00~16:00

詳しくはこちら